人気ブログランキング |

スピリチュアルスクールのレッスン経過報告 ♪ *11*

* お知らせ *

 あなたの新たな可能性を目覚めさせてみませんか?.。..。.:*

  DIVINE CAFE スピリチュアルスクール
  
2012年3月スタートしました♪

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

先日、現在透視リーディングコースを受けられている生徒さんのお一人
からご感想をいただきました。


真の透視をすることはただ技術を学んでできる、という感覚ではないと
私は思っています。
透視をする人が精神面や物質面で自分にも周囲にも偏らず、より中立な
気持ちでいられるときにこそ、もっとも腑に落ちるメッセージや映像を
感じられる...そう思っています。


レッスンを受けて下さっているのは女性のKさん。
Kさんは透視をすることも興味がありますが、それ以上に自分自身の
生き方や考え方を変化させたいという希望を持ってこのコースを選ばれ
ました。

Kさんは透視したい!という意欲はあるものの自分を取り巻く現在の状況
や人間関係にやや悩みを抱えていたので、レッスンで『空(くう)』の理論
や透視の技法を学んでも復習に集中できず、自分が思うような透視がなか
なかできてはいないのではないか...と焦ってしまいストレスを感じていた
ようです。

でも4回目のレッスンを終えた翌日、

「 とても不思議なことがありました!!」

と話を聞かせてくれました。


「 レッスンでayakaさんに話を聞いてもらいながら自分のストレスと
 真剣に向き合って気づいたことがありました。

 私、1限目で『空(くう)』( =観察意識 )の理論を学んだときにやや
 なめていたんです...(苦笑)


 自分の中では習ったときにもうわかった気になっていたんです。

 でも自分の目の前の現実は自分の希望するとおりにはなかなか変わ
 らない...。
 透視も上手くできていないのではないか...と、どんどん疑心暗鬼に
 なってしまって復習をしていても落ち着かなくて...。
 でも、このストレスと向き合うことを通して『空(くう)』理論の
 奥深さをしみじみと感じました。



 レッスンの翌日、もっと自分を知ることを前向きにがんばって
 みよう!と意欲を持って普段どおり出勤しました。
 いつもの業務をこなしていると...
 背後で自分の上司が仕事で必要な補助椅子をかつぎ、それを運び
 ながら慌ただしく動いているのを感じました。

 それ自体何も大した動きではなかったのですが...

 ある瞬間、背後にものすごい殺気を感じたのです!!!

 思わずサッ!とその上司の方向へふり返りました。

 その時!!
 その上司とまったく知らない中世ヨーロッパの騎士の姿がだぶって
 見えたのです!!!
 そして、その騎士の武器が私の身体の方へふり下ろされました...


 私はその映像の恐怖にあまりに驚いてしまいました!

 その後なんとか業務はこなしたものの、瞳孔は開きっぱなしのような
 動悸が止まらないような肩が恐怖でガクガクするような感覚が2時間
 ほど止まりませんでした...。
 
 上司自体はいつもと何も変わらず仕事をしていました。


 私、頭がおかしくなったのかなぁ.......???

 でも、これこそ『私の透視したもの』なのかもしれない...
 そう思ったら、私にも感じられた!!と何だかうれしくなりました。

 本当にびっくりしてしまいましたが、透視には透視する人の精神状態
 がすごく関係しているのではないかなと思いました。
 だからこそ『空(くう)』理論をしっかりと腑に落として、ありのまま
 の自分をまずきちんと知っておくことが大切なのかなと感じました。
 
 ayakaさんに私のこの話を聞いてもらいたくて!!

 今後、私のようにこのコースを受けてなかなか自信が持てなかったり
 する方(汗)には役立つのでは...と思います ^ ^ 」


 Kさん、貴重な体験談のシェアをありがとうございました!

 
 私もその様子を透視してみました...

 レンガ作りのある古い建物。
 その中には半地下で階段を数段下りたところに小さな部屋がありま
 した。
 過去世でのKさんは若い男性で騎士でした。
 その過去世当時、今世の職場の上司がそのままその若い騎士の男性
 ( Kさん )の上官だったようです。

 若い騎士の男性は上官の賄賂などの不正行為を知り、正義感から
 証拠を探しにその小さな部屋にあったチェストの引き出しからある
 書類のようなものを引き出していました。
 ろうそくのような灯りを頼りに動いていたため周囲の様子がしっかり
 とは把握できなかったようです。

 その瞬間、彼は背後に ものすごい殺気を感じます。

 上官が彼の行為を知り全身に重い鎧を着けて、口封じのために
 彼を襲ったのでした......


 Kさんにこの内容を伝えると

 「 実は、勤務した頃からなぜかこの上司からの自分を監視する
  ような視線(?)のようなものを感じていて、どうしようもなく
  怖いと思ったことがありました。
  でも、別に大きく嫌がらせを受けているわけでもなかったので
  私の気のせいかなと思っていたのですが...。

  たしかに業務の場所はやや狭いスペースで、私は常に書類を
  引き出しから出し入れしているのです!
  そして私の背後で上司は自分の業務をこなしています。

  びっくりです!!!


  
  透視の上達度( 習得度? )はその人その人によって個人差がある
  ものですし、感じ方もバラエティに富んでいます。
  私の視え方や感じ方は生徒さんとは同じではありませんから
  そこを比較して考えることは必要ありませんが、人というもの
  は私も含めてついそこを比較して悩んでしまうもの...

  その悩みさえもまずはまっすぐに見つめることも透視リーディ
  ングコースでは大切だと考えています。
  そこを感じきることで、中立であることの大切さを感じ、愛と
  寛容に満ちた透視をすることが可能になります。

  Kさんの上司は過去世での出来事を彼女に体験してもらうために
  彼女の宇宙( =世界 )に現れた尊い存在なのでしょう。
  とても怖い感覚ではあったかもしれませんが、彼女が透視という
  ものをリアルに理解する上ではベストな関係だったのかもしれま
  せん。


  Kさん、次回のレッスンもがんばりましょう ^ ^
  



profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー
エンジェルカードと過去世透視を使いながら独自に感じた
メッセージを日々楽しみながら伝えている。

ホームページはこちら
DIVINE CAFE

by divcaf | 2012-07-01 23:10 | スピリチュアルスクール

ソウルメイトとの暮らし 不思議な話


by ayaka
プロフィールを見る
更新通知を受け取る