日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:過去世 ( 4 ) タグの人気記事

過去世を透視する *6*


対面セッションでは


『クライアントさんの今、この現在』


においてできるだけ役立ち、大切だと感じる
過去世を私は透視します。
私達の過去世の数は膨大な情報量となるので
最小限にピックアップします。


おかげさまでセッションを通して不思議な
体験はいろいろと起こるのですが、
今回も大変驚く出来事がありました。




先日、対面セッションにお越しいただいた
Mちゃんの透視をスタートすると
( Mちゃんにはご主人様とお子さんがいらっ
しゃいます )

まずMちゃんからはご自身の健康やお子さんの
話が発せられたのですが、その言葉とは一見
あまり繋がりを感じない


『井戸』


のビジョンが出てきました。

彼女の言葉を聞きながらも

「井戸っていったい何のことだろう?」

と感じていると、過去世の映像がスタート
しました。




ヨーロッパのような風景。
ある地域の公共の場のような所に石かレンガの
ようなもので造られた『井戸』が浮かんで
きました。

そこに小学生くらい ( 10才ほどかな ) の
少女が水を汲みにやってきました。
この少女が過去世でのMちゃんです。
親が病気がちなようで、少女が家事を引き受けて
いる様子です。

身体の小さな少女が1度にたくさんの水を汲み
上げることは容易ではないため、少量で何回も
同じ作業を繰り返していました。


その『井戸』は公共のものなので周囲を行き来
する大人はいたのですが、だれも少女に関心を
持っていませんでした。

そんな中、
1人の青年が少女の水汲みの様子を眺めていました。
青年は高校生くらい ( 18才ほどかな ) 。
少女のぎこちない姿を心配した青年は、代わりに
水汲みを手伝いました。


少女にとって青年の姿は、体格的にも精神的にも
大きくて優しい印象に映りました。


( たしかに10才と18才って大人になってからの
同じ年齢差 ( 例えば30才と38才 )とは全然感覚が
違いますよね!

私も小学生の頃は、高校生くらいの方を
『とても大人な存在』だと感じていました。

夏休みに高校野球をしているお兄さんが
思いきり『大人』にしか見えなかったのに
...いつしか自分の子供の年齢だと言っても
おかしくなくなりました(汗)
あぁ月日の流れは残酷。

自分には子供がいないせいか、気持ち的に
がっつり大人になった感が薄いのだけど... )


その少女と青年はその井戸での出会いがきっかけ
で後々結婚します。

青年はMちゃんのご主人様の過去世でした



そして過去世の少女からMちゃんへのメッセージです。



「いずれあなたの子供は巣立ちます。
ご主人との時間も今後、より増えていくことでしょう。

私が家族のことで大変だったときに井戸で助けて
くれた大人は唯一、彼でした。
あの時の私には大きな光がさしたように思えました。
こんなにも優しい大人がいるんだって...

その後、井戸で何度か会うようになってお互いの
ことをいろいろ知るようになりました。

あなたもご主人との時間をいっそう大切になさって
下さいね。応援しています。」




実際のところ、今世のMちゃんとご主人様はかなり
年齢差があります。
Mちゃんにとってご主人様はまるで父親のような
雰囲気で、寛容に自分や子供を見守ってくれる存在
だとおっしゃっていました。


そして...


Mちゃんは驚いた目をしながら私にこう言いました。



「ayakaちゃん... 


実は、わが家の庭には

『井戸』があるの!

今は危ないから蓋をして使っていないんだけど...」




びっくりです!!!



セッションの翌日、Mちゃんからメールを
いただきました。




ayakaちゃん


昨日はありがとうございました ^ ^
セッションでは驚くことばかり!!

うちにある井戸は主人のお父さんが昔掘って
作ったものだそうです!すごい!

大切にしたいです。


来年のアドバイスも、私が詳しく話さなくても、
聞きたいことがみんな聞けた感じで本当に
嬉しいです。

旦那様との時間も大切にして、自分自身にも
いろいろ問いかけていこうと思います ^ ^

またayakaちゃんに会える日を楽しみにして
います♪




Mちゃん、ご感想もありがとうございました ^ ^



井戸や水に関わるものには様々な精霊が宿ります。
( 過去に私が 河童雲 ←過去のblogをどうぞ
撮影したときのように )

時々、塩やお神酒で井戸のエネルギーを清めて
いただければと思います。
Mちゃんご家族を見守ってくれます。



過去世のビジョンって確実な証明はできないので
信じる方そうでない方、いらっしゃると思います。
それはどちらでも構いません。

私自身でも「つじつま」みたいなものをどう説明
したらよいのかわからないのですが、
とにかく今回のように驚くことが多いので...


これからも興味は持ち続けてセッションをして
いきたいと思います ^ ^




Mちゃんの幸せを心よりお祈りしています。






profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。


ホームページはこちら DIVINE CAFE


[PR]
by divcaf | 2016-12-19 12:08 | 過去世を透視する


ちょっと前のお話ですが
10月にミュージカルを観てきました。

名古屋では11月24日に千秋楽を迎えて
しまいましたが...

a0152724_12251686.jpg
『 サウンド・オブ・ミュージック 』です♪



今回のミュージカルは私自身の過去世と
重なる部分を見せてくれました。



え? 主役のマリア?? 
( ポスターに描かれた女性の名前 )



じゃないです〜(汗)



マリアの上司 (?) というか
先輩の修道院の女性の存在と自分の過去世
が重なりました。


マリアのように試練と感じられても自由に
生きられた人生ではなくて、
ずーっと修道院にいた過去世を感じます。
型やルールを大切に生きていた人生だった
ようなので今世での私は型やルールがある
ととても安心します。


ですが...


魂は決めているんでしょうね〜


今世での私が型やルールにはまって生きよう
とするとどうもうまくいかなくなってしまう
のです...(汗)
そっちは経験済みだから
違う人生をしましょうって。


20代前半、こうなりたいという夢が特に
なかった私は下記のような人生が安心な生き方
だろう...くらいにしか思っていませんでした。


・会社員として地道にこつこつと働くこと

・質素倹約、品行方正が一番安心な道

・適齢期と言われる時期に結婚し、子どもを
 育て、だんな様をたてて家庭を守っていく
 女性でいること



結局... ほとんどそうならなかった!!!


当時は自分なりにがんばろうとしたし、
がんばっていたと思います。

ですが...


宇宙からのサポート


ちっとも来ない感じでしたね〜(涙)


どちらかというと

邪魔されているのでは???

と思いました。



今世での私の魂は型やルールのありがたみ
を感じつつもそこに甘んじることなく、
自分の力でどうやって自由に生きるかを
試したかったのだと思います。

敢えてリスクがありそう?な道
( 今のだんな様 & 仕事 ) を選べば選ぶ程


宇宙からのサポートが入ってきました。
詳しくはソウルメイトの記事をご覧下さいませ。



不思議です...



あくまでもこれは私の人生の青写真ですから、
これがすべてではありません。
型やルールを大切にされた道で宇宙と
たくさん仲良くされる方もいらっしゃいます。




ミュージカルの中のマリアの先輩修道女は
自由に生きるマリアを懸命に応援します。

マリアは優しく素直な女性として生きています。
自分ができないことをマリアが体験してくれる
ことが彼女の素直さを通して、まるで自分の
ことのように感じられたからでしょう。


私にとってご縁の深いミュージカルでした。




それに今回もお友達のおかげで良い席で観る
ことができました。
『 アイーダ 』のときと同様になんと真ん中の
前から3番目(涙)!!


いつもどうもありがとう、Mさん!!!


このミュージカルは出演された子役の皆さん
の演技と歌声が本当に素晴らしかったです。

舞台にとても近い席のため役者さん達の
一生懸命な様子がものすごく伝わってきました。


緊張しているんだろうなぁ...
こんなすごい舞台で偉いなぁ...


と、ついつい親心的な目線で見てしまいました。


この作品は映画も有名ですからストーリーを
ご存知の方も多いと思います。

戦争の起きていない今の日本に生まれて
平和に生きていられることのありがたみを
改めて感じました。




profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。

ホームページはこちら DIVINE CAFE



[PR]
by divcaf | 2013-11-28 16:09 | 日々のつぶやき

大切な気づき



本日は大晦日です。

皆さん大掃除や買い物など慌ただしく過ごして
いらっしゃるでしょうね。

私も例に漏れず、バタバタと過ごしています。


今年は日本にとって忘れられない年と
なりましたね...
多くの人々が大きな悲しみや不安を抱えました。


個人的には、今年後半はあることについてじっくり
考える機会がありました。

それは


『自分の身体を丁寧に扱い、大切にすること』


だいぶ具合が良くなってきたので書きたいと
思いますが、7月あたりから自分の体調がイマイチ
だなぁと感じていたのです(泣)

特に10~12月はかなり辛くて参っていたのでした...


身体に起こることもすべてメッセージが込められて
います。


そこで自分の過去世を覗いてみると...


僧侶であったり
修道女であったり
掃除夫であったり etc

自分のことを後回しにして生きている感じの職業が
ものすごく多い(汗)

修行を通して神様に近づきたい一心で
自分の身体をわりとないがしろにするような生き方
をしていたのだと思います。


なので私は子どもの頃から質素倹約生活があまり
苦になりませんでした。
身体がびっくりするような冷たい水を触って
雑巾がけすることや洗濯をすることなども
その頃から平気。


心のどこかで


「別に私の身体なんて傷つこうとどうでもいい。
この感覚を乗り越えることで心が鍛えられる。」


などと自虐的?修行的?な考え方をするタイプ
でした。

それをほぼ無意識に真剣に実践していた3◯年!!



最近この話を友達に初めて伝えたら

「それは変だ ^ ^ 」と笑われる始末...

「もっと自分の身体を大事にしなくちゃいけないよ」

と本気で心配されました。


過去世からの自虐的?プログラムを含めて
自分の生活を本気で見直しなさい!とここ半年間
体調不良からがっつり学んだように思います。

この身体があるからこそ仕事ができるのだし、
おいしいものを食べて喜べるのだし、あちこち
出かけて素晴らしい景色を見ることができる☆



そして震災を通して、

伝えたいことは思ったその時にちゃんと伝える
ことの大切さも学ぶことができました。


2012年はこの考え方を軸として
楽しく充実した生活を送りたいと思います。


そんな私を癒してくれた年末にいただいた
お客様からのプレゼントです。

a0152724_13155973.jpg

a0152724_13134253.jpg
来年は辰年!
ドラゴンフルーツという果物を
いただきました ^ ^
パイナップルを切るように切ってみました



a0152724_13111535.jpg
ボジョレーヌーボーのワイン♪



a0152724_1310159.jpg
クリスマスに灯した
とっても優しい香りのキャンドル



他にも載せてはいませんが、いろいろと
いただいてしまいました...
皆さんのお心遣いに心から感謝です(涙)!!


来年もどうぞよろしくお願いします。


では、皆さん良いお年を...



profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。

ホームページはこちら DIVINE CAFE




[PR]
by divcaf | 2011-12-31 00:41 | 日々のつぶやき

過去世を透視する *5*



インディアンの過去世の男性が再びメッセージ
を送ってきたので続きを書きたいと思います。


その男性がまだ20代くらいの若いときに
コンドルのような大きな鳥 ( 私は鳥の種類が
よくわからないのですが ) を自分のペット(?)
として飼っていたようで、というか鳥師
( そんな職種があるのか不明ですが...? )みたい
に巧みにその鳥を扱っていたようです。


グランドキャニオンやセドナのような
青空と赤土と大きな岩の風景が出てきて
岩の断崖絶壁のようなところに立ち、
その鳥を放して自由に飛ばせてお散歩(?)
させているように見えました。


風に乗って飛べ
遠く高く

おまえが見た世界を私に教えておくれ


そう鳥に話しかけていました。

そしてその鳥への声かけは、どうも今の私へ
伝えたいメッセージでもあるようです。


自分の部族での交流はどうしても範囲が
限られていました。
あなたが今いる場所は国をまたぎ、
自由に行き来することが許される世界。


私の鳥のように...

なんてうらやましい。


心では自分も羽ばたいているつもりだった。
でも当時の自分の肉体では動ける範囲には
限界があったことは否めず...


鳥の目線で物事を見ることができることを
あなたは知るべきだ。

そういう世界に今回あなたは生まれたのです
その境遇にもっと開放感と誇りと自信を
持ちなさい。



今回は容姿が若いせいか、
寡黙というよりも爽やか系男子という雰囲気
でした。

まだへなちょこな部分も持ち合わせている
私ですが、平和な日本というこの境遇で
生まれることができたというだけでも
自由に動けるという部分ではたくさんの経験
を重ねるチャンスを掴んでいるのだという
ことを改めて思い知らされました。


今回もいろいろと教えてくれて、
ありがとうございました ^ ^




[PR]
by divcaf | 2010-07-23 12:01 | 過去世を透視する