日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ソウルメイトと出会ってから 《 番外編 29 》



前回のソウルメイトの記事

子は鎹 ( かすがい ) ならぬ
犬は鎹 ( かすがい ) なのでしょうか ^ ^

と書きました。


最近は猫ブームなので

猫は鎹 ( かすがい ) というのも
もちろんありでしょうね



動物は

「今、この瞬間」

を懸命に生きています。



人間の知性は確かに素晴らしいけれど
動物の無邪気で健気な姿を眺めていると、
彼らから学ぶことはたくさんあるなぁ
感じます





今回は愛犬が

犬は鎹 ( かすがい )

だと決定づけた出来事を書きますね。




私達夫婦が
サイキックに優れたイヴァルナによって

最高に学び合えるパートナー

だと示されたソウルメイトだとしても
所詮、育った環境も習慣も違います。


私は結婚を夢見て実現させたのですが...




現実は甘くなかった




結婚前にできるだけお互いの考え方を
話して、価値観をすり合わせ、納得した
結婚をしたと思ってスタートしたけれど



1年目はとにかくケンカしましたね~



ある日。

印鑑や表札を大切にする家で育った私は
夫婦の新たな一歩のため、印鑑と表札を
ちょこっとお金をかけて新調しました


印鑑は象牙のもの。
表札は檜のもの。


彼の家はそういったことにあまり関心が
なかったため彼本人もしっかりとした
印鑑は持っていなくて、

ayaちゃんに任せるよ」

と新調に賛成してくれました。



印鑑は線香の煙に軽くくぐらせたり、
日本酒をつけた布で軽く拭くと浄化され
ます。
( 覚えておくといいですよ ^ ^ )

私は彼にその浄化方法を勧めながら完成
した新しい印鑑を渡したのです。


そうしたら...


気がつくと深めの小皿になみなみに入れた
日本酒の中に渡した印鑑が!!!  



......溺れていた。



「いったいあなたは何を聞いてたの?!!
 ( たぶん彼は私の話をミックスして
 「日本酒にくぐらせる」とでも聞き
  間違えたのだろう )
 浄化じゃなくて、酔っぱらうじゃん!!」
 ( 印鑑が?! )




それから...


新居のアパートに新しい表札を付けました。


築年数の古いアパート。
他の部屋の方はさほど表札に力を入れて
いる気配はありませんでした。


わが家の表札だけが『ドン』みたいな...


でも、いいのです。
表札は家の主を表します。
私は彼にしっかりとわが家の主となって
もらいたいと思いました。
( 彼が私に付けたあだ名は「松居◯代」)



しかし...



またしても彼はやらかしてくれました!



表札を付ける際に彼の手がすべって
パッカーンと床に落としてしまったのです!
四つ角のひとつがその衝撃で丸くなって
しまいました...


「あー、落っことしちゃった!
 ごめんごめん ^ ^

 割れてない?
 あ、丸くなっただけか。
 割れてたらまた買えばいいもんね~」



し... 信じられない~!!!

 表札はあなた自身を表すんだよ!
 ( 大げさ? )

 2人の門出だからちゃんとしなきゃって
 思って用意してるんだよ。

 今まであなたにいい風が吹いてなかった
 から、なんとか変えたくて印鑑も表札も
 真剣に選んでいるのに...

 それを、また買えばいいよね~
 なんてのんきに言えるなんて...!!

 お金に余裕がないことも本気で自覚して
 いるの??
 そんなだからあなたの人生ずっと行き
 当たりばったりなのよ!」
 ( ヒステリー
  でも、行き当たりばったりの表現は
  間違ってないと思う )


私はそう言いながら大泣きしていました。


は??? たかが表札じゃん?

 なんでそんなにムキになるの?
 泣くことないじゃんか。

 ayaちゃんが印鑑や表札のこととか準備
 してくれているのはありがたいけど、
 こんな感じで言われたら俺はたまんない。」



「たかが...
 たかが表札ですって??
 その意識がもう信じられない〜!!」



病んでいますね... 当時の私。


私のストレスは印鑑と表札のことだけ
ではありませんでした。


彼と暮らし始めてからの

習慣の違い
環境の変化
生活にかかるお金...


彼と幸せに暮らすためにがんばるぞ!
と意気込んだものの、多くの事が自分の
肩にのしかかってきたみたいで...
彼の何気ない ( 悪気もない ) 言葉をきっかけ
にパンクしてしまったのでした。

そして彼も私と暮らすことで同じように
様々なストレスを感じていました。


( 世間の方々はさらに子育てなどもおあり
でしょう... 結婚生活を維持されるのって
すごいことなのだなぁと感心してしまい
ます。)




そんなケンカが数回続いたある日...



「俺、もう出てくから」



と言いました。



「好きにすればいいよ」



私がそう返すと、
彼は居間から玄関に歩いていきました。



玄関のドアノブを回す音がしたときです...



私のそばにいた愛犬 ( ヨークシャテリア
1.5kg ) が玄関のドアを開ける彼の元へ
突然タタタターっと走り出しました!


アパートの三和土 ( たたき ) に降りて
彼が立っている左右の足と足の間に
いきなり「お座り」したのです!!


同時に、愛犬の小さな小さな前足は

彼が履いている靴の甲の上に

ちょこんと乗っかっていました。




追いかけた私を愛犬が


じーーーーーーーーーーーーっと


見つめました。



ayakaちゃん、もう怒っちゃだめ。
 お兄ちゃんと仲直りしてね。



必死でそう訴えているようでした。




わが家の愛犬は赤ちゃんのときからとても
おとなしく、感情表現も大げさにしません。
名前を読んでも気分で動く子なので来たり
来なかったり... ( 本当に犬?? )

あまりに吠えないのでどこか身体が悪いの
かしら??と病院に連れていったくらいです。

おまけに家の中で迷子になったり...
サイズが小さすぎて見つけるのが大変!!
ウォークインクローゼットの中に ( 隠れて? )
いたり、たたんだ毛布の間で平べったーく
眠っていたり...
呼びかけに反応が薄い子なので血まなこ
探しました!

とにかく...すごくのんびりした子なのです。


結婚を機にこの子も一緒に引越しましたが
1ヶ月ほど経って彼になつき、彼と寝相まで
同じ姿になるほどの大の仲良しに♡

私達が帰宅すると玄関先に迎えに来てくれ
ますが、のんびり & 臆病 だったので
三和土 ( たたき ) には一度も降りたことが
ありませんでした。



そんな子が...

自分から三和土 ( たたき ) に降りてまで
彼を止めようとしたのです



「ははは ^ ^

 ほら、この子が一番心配してるぞ!
 本当にいい子だなぁ。

 俺も言い過ぎた、ごめん。」


「私こそ、ごめんなさい。」



だんな様に抱き上げられた愛犬はホッ
した様子でした...



愛犬が吐血したときに心配をかけないと
誓ったのに、結婚した当初は再び弱い自分
見せてしまっていました
あ〜ぁ... ダメダメな飼い主です。


それに比べて愛犬は...


なんていい子なの!!!


完全なる親バカですが
大好きな大好きな子です。



赤ちゃんのときから仕草を眺めては

「宇宙一、かわいい!」


おしっこマットでトイレをするたびに

「宇宙一、天才!」


私はそうやって呪文のように言いながら
育てました。


「おしっこやう◯こして褒められる
 なんて、おまえはいいなぁ。

 兄ちゃんはトイレ行っても姉ちゃん
 ( 私のこと ) に天才って言われんぞ。


だんな様が愛犬につぶやいていました()





最高に学び合えるパートナー

とは、

どんなことがあっても諦めないで
向き合っていくことができるパートナー

という意味なのかもしれません。


諦めそうになっても、
こうやって愛犬がフォローをくれたり。


逆に


諦めさせてもらえない関係?


なのかもしれませんね〜




せっかくのご縁です。

家族として元気に仲良く過ごしていこう
思っています ^ ^


いつも読んで下さって、
どうもありがとうございます!


          番外編 30 へ つづく





profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。


ホームページはこちら DIVINE CAFE




[PR]
by divcaf | 2016-03-17 16:33 | ソウルメイト