日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ソウルメイトと出会ってから 《 番外編 26 》



だんだん秋が近づいてきましたね。


気温が涼しくなってきたので、
最近ですが夜にだんな様とウォーキング
を始めました。

車の通り道を避けて川沿いや田んぼの
中の道路をてくてく歩きます ^ ^
たくさんの鈴虫が鳴いています。



私は20代で持病が発病してから
どうしても無理がききません。
それに元々運動が得意ではないことも
あってつい運動不足になっておりました。
( こちらの方が大きな理由です... )


だんな様は私とは真逆で
水泳に陸上にと運動神経が良く元々
歩くのも速いので、今回のウォーキング
ではコーチのようにペースメーカー
なって私の前を歩いてくれます。

彼が腕を上げたり回したりするポーズを
私も真似ているのですが、なにせ
「前後に」 並んで歩いているため...



動きがかなり怪しい。

2人の デューク更◯さん が夜道を
ウネウネ?クネクネ?している感じ。



ウォーキングはただ歩くだけでなく、
その間に数分間早歩きを取り入れること
で身体の細胞が活発になりスタミナが
ついてくるのだそうです。

なんと細胞の中のミトコンドリアが
増えるとか!!
※ NHK「ためしてガッテン」より

彼の後ろをついていけばそんな早歩きも
自然にできるので、がんばっていこうと
思います




さて、
今回は私の持病にからめた()
ソウルメイト話を...



この持病。



国が難病と定めているものに属するもの
なのですが今はずいぶん小康状態で
薬を飲んでいるわけではなく専門の病院
で検診を受けている程度です。

ただし疲れやすく、すぐに微熱が出たり
します。
表立って症状が出るものでもないので
通常に過ごしていれば他の人には病気の
ことはわかりません。



私はだんな様と結婚する前に持病の話を
しました。

その病名を知っている人もきちんと
理解している人も少なく、当然ながら
彼も知らないだろうと思っていました。



すると



......俺さ、ayaちゃんのその病気のこと
 について何度も聞いたことがあるんだよ。
 ( 何度も?! ayaka心の声 )


 美容院の自分の担当のお姉さんに、
 ツレの奥さん。
 それからたまたま合コンで席が近かった
 女の子もその病気になっていて、症状を
 細かく教えてくれたんだよ。

 みんな同様に


 健康な人よりも疲れを感じやすく、
 でも周りにその症状を理解されなくて
 誤解を受けてしまう


 って言ってた。


 俺は医者でもないしカウンセラーでも
 ないのに、なぜかその病名の話を打ち明け
 られることが多かったんだよ。

 そんな大事な話を俺にしてもいいのかな?

 と思ったりしたけどね。
 言いやすい顔なのかなぁ(苦笑)
 ( たぶんそうでしょう! )


 さすがにayaちゃんが彼女達と同じ病名を
 口にしたときは驚いたよ!!!
 俺の周りはその病気の人がたくさんい
 るんだなぁって。
 ( いるんだなぁ~ () )



 だから実は
 思ったより驚かなかったんだよね ^ ^



 俺は由緒正しい家の生まれの人間でも
 ないから跡取りや子供が必要とかでもない。

 子供はいたら幸せかなぁとは思うけど、
 俺にとっての一番は一緒に生活する
 奥さんとまずは楽しく過ごすことだと
 思うから。
 ( さすがバツイチ経験者! 
  ...リアルな言葉です )

 もしもayaちゃんが子供を望むなら、
 病気のことはしっかり考えなきゃいけない
 しお医者さんにも相談しなきゃいけない
 けどね。
 でも俺のことで自分の病気をプレッシャー
 に感じることは何もないから安心して
 いいよ。」


彼は特に動揺することもなく平然とした
様子でした。



...まさか、こういう返事が返ってくるとは
思いませんでした!



独身のとき
私はすごく結婚したいと思っていました。


好きな人とご飯を食べたり
一日の出来事をおしゃべりしたり
おもしろいTVを一緒に観て笑ったり。

そんな生活ができたら... とニヤニヤして
いました。


そんな通常の生活は問題ないものの、
持病のある私は相手の人のお荷物になって
しまうかもしれないなぁ...
と密かに悩んでいました。

なんで病気になんてなっちゃったんだろう
と落ち込んだりもしていました。




他人事みたいですが、
ソウルメイトってやはり不思議ですね。




宇宙は、将来のだんな様に予備知識として
私の病気の情報を知らせておいてくれたの
だと思います()




自分のコンプレックスやハンディも、
それを抱えている当人にとってはキツい部分
はあると思います。
周りにそのキツさを理解されないことも多い
かもしれません。


でも


自分の人生にどうしても必要な人には
宇宙はこんな形で準備をしてくれるのかも
しれません。





おかげさまで結婚してもうすぐ9年に
なります。
( 早い!!)

この9年間、持病のことで彼に何かを
とがめられたことは一度もありません。



ayakaがやりたいことを思う存分やり
 なさい。
 笑顔でいることが一番身体にいいこと
 だと思うから。

 ただね、俺は身体を替わってあげる
 ことはできないから無理はするなよ。
 昼寝もちゃんとしろよ。」


本当にありがたくて、すごくうれしかった
言葉です。



そして、彼が日々健康でいてくれることに
感謝です。

ウォーキングみたいに彼についていける
ように私も身体を大切にしていこうと
思います。




今回の出来事も
よろしければ参考になさって下さいね ^ ^


いつも多くの方々にblogを読んでいただける
ことに心より感謝です。


            番外編 27 つづく




profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。


ホームページはこちら DIVINE CAFE




[PR]
by divcaf | 2015-09-03 12:04 | ソウルメイト