日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ソウルメイトと出会ってから 《 番外編 21 》


2015年が始まって、早1ヶ月ですね~

余談ですが今月は私の誕生月。
健康に、そして無事に迎えられたことが
とてもありがたいです!

誕生日のプレゼントに
家族から大きなカサブランカの花束を
もらいました。
わが家のリビングで堂々としています ^ ^

a0152724_21011594.jpg
とてもいい香りがします♪
幸せです



さて、
久しぶりにソウルメイトの記事を書きます。

すでに過去の記事を読んで下さっている方
( 大変 ) ご存知だと思いますが、
今回も婚約していた元彼とだんな様との
関わり方の違いを交えて気づいたことを
まとめようかと思います ^ ^



かつて 《 番外編 6 》 にも書かせて
もらったように

元彼と交際中には
結婚できないように思いっきり仕組まれて
いるのでは?!と思えるような出来事が
次々と起こりました。



・あるとき、元彼が車を買い換えました

素敵な車でした。
初めてその車に乗せてもらった日
せっかくなので遠出しようと、はりきって
出かけたのですが


彼は出かけた先の何でもないような
広~い駐車場でその新しい車を

ゴーーーーン!!!

と何かに強くぶつけました。
( 元彼は決して運転が下手な方ではあり
ません )



「えっ?? なんでこんなとこに
 鉄のポールが?!!」


広い駐車場の仕切りの役目だったのか、
その鉄のポールが元彼の車を大きく凹ませて
おりました。ポールの色も肉眼ではわかり
にくかったような...?


「うそぉ??? ショック~!!」


幸い乗っていた私達にケガはありません
でしたが気分は最高にど〜んより
特に彼は相当落ち込んでいました。
( そうだよねぇ )

まさに「でばなをくじかれた」感じでした...




と、こんなことやら




・元彼と住むための新居を探していたとき
 のこと

元彼はいびきをかく方でした。
それもかなりの大音量。
旅行に数回出かけましたが、私はまったく
眠ることができませんでした!

実は。
結婚するにあたってこれが結構な悩みに
なっていました...
私は音に敏感な体質なのか眠りが浅く、
特に大人になってからは小さな物音でも
気づいて目が覚めてしまいます。


同じ部屋で寝ることになったら
私は眠れない~っ


そこで、新居を探すときに私は元彼に相談
しました。


「私どうしてもいびきが気になって眠れ
 ないから寝る部屋は別々にしたいなぁ。」


すると彼は


「何言ってんの? 結婚して同じ部屋で
 寝ないなんておかしいじゃんか。」
 (名古屋弁)



「は? それはおかしいことなのか?」
 

...私には正直、疑問に思えたのですが

元彼は私の深い悩みなど「悩み」にすら
値しないというような感じで、眼中に
ない様子でした(涙)
たしかに世間的な考えでは、夫婦は同じ
部屋で寝ることがベストなのかもしれ
ないけれど...



渋る元彼をなんとか説得し、別々に眠る
可能そう? な間取りの物件を見つけた
ので不動産屋さんにおじゃましたときのこと。

それはアパートの1Fの部屋でしたが
( できれば2F以上が希望でした )
まだ新しい物件で、動物も飼えて日当りも
良さそうです。


すると不動産屋さん。


「情報は正確に伝えないといけないので
 お伝えしますね。

 この物件、前にも新婚さんが入居された
 んですよ。
 引越しのときに新しい家電や家具を搬入
 された際、お部屋の窓にカーテンを付け
 忘れてしまったんです。


 そうしたら搬入した日の夜に泥棒に入られ
 て丸々全部盗まれてしまったんですよ...


 窓の外から中のお部屋が丸見えだった
 からでしょうねぇ。

 原因としては住んでいる方の不注意も
 大きかったと思うのですが、こんな場所は
 いやだと奥様が怖がられてしまって結局
 すぐに退去されたんです。

 そういうことがあった物件なのですが、
 よろしいでしょうか?」



「はぁ... 」


またもや...
私と元彼の気分はど〜〜〜んより

またまた「でばなをくじかれた」感じ
でした... なんでこんなことばかり起きる
のかなぁって。


世の中には多くの不動産物件があります。
人間にはトラブルが起こるときもあるし、
いつ死んでしまうかもわかりません。
生活の場所があればそういう出来事は
つきものだと思います。

今ならもう少し柔軟に考えられたかも
しれないけど、当時の私は「泥棒」という
言葉に不安になりました。

他に条件の合う物件もなかったため、
不安な気持ちに目をつむってその物件を
仮契約したのですが...

最中に破談になったので、ご縁はありません
でした。




見えない世界のこととか宇宙のこととか
よくわかっていなかったけど...

元彼とのミョ〜にツイてない出来事から

私達は結婚できないように仕組まれて
いるんだろうなぁ
邪魔されているんだろうなぁ

と、心のどこかで理解していたような気が
します。


でもお付き合いしていたときはそこを受け
とめることが本当に怖かったんですねぇ...
どうしても、ひとりぼっちになりたくなくて。



---------------------------------------------------------------



おかげさまでその数年後、今のだんな様と
結婚が決まり新居のアパートに住むことに
なりました。


私は真っ先にこの苦い過去の話を伝え


いびき対策!


を訴えました。えいえいおー


だんな様とは付き合った期間が短く、
いびき問題があるのかないのかさえわから
なかったのですが私が異様に不安がるので


「自分でいびきをかいてるのかわから
 ないけどまぁ俺は酒を飲むからなぁ... 
 いびきをかくかもしれん。

 ひとまずは同じ部屋に寝ることにして、
 生活してみて俺のいびきがひどかったら
 別々に寝ることにしよう。

 ayaちゃんはベッドで寝ていいよ。
 俺は別の部屋で布団敷いて寝るから ^ ^ 」


( 切実な? ) 私の訴えを承諾してくれました。

なんていい人〜!



その後、新婚生活開始!!
さっそく彼が寝ているのを観察すると......


「お? ぉお?
 疲れているときはちょこっといびきを
 かいてるけど...
 よかった〜  静かに寝る人だ~~!!!
 ( それもお地蔵さんみたいな顔で )
 やったー、眠れるぞ〜♬♬」


安堵感に包まれて眠った翌朝。


「よかったー!
 ほとんどいびきかいてなかったよ!
 これなら同じ部屋で大丈夫~♪」



そう私が伝えると




ayaちゃんは
 機関車トーマスだったよ。」




「はい??? トーマス??



どうも...



私の方がいびきをかいていた
らしいのです...()
ガーーーーーーーン!!!  
私が布団係だー



幸いゴーゴー的な迫力音ではないそう
ですが、明け方になると


コー プシュ~ コー プシュ~


まるで蒸気音のようないびき混じりの
寝息をしている模様...

現在まで無事に生活は続いていますが、
私のいびきが彼の生活の妨げになって
いないか微妙です~



...だんな様にも
...元彼にも


どうも、ごめんなさい!!!!!
人のことを言えなかったです...





私がこのように心配性だということを
だんな様は柔軟に理解してくれる人です。
それは今の生活でも変わっていません。

昨年私が病気をしたときも、できるだけ
彼は自然にふるまってくれていました。
どうしても痛みが辛くて、夜中に私が
自宅の階段に座って泣いてしまっていた
ときも



「こんなとこに座っていたら風邪ひい
 ちゃうよ。

 俺はayakaが起きていても気にしない
 から、泣くならちゃんとベッドの中で
 泣きなさい。」



ソウルメイトはお互いの不安を助長する
ような態度をとらないのかもしれません。

本当にありがたいです。



また、何かの参考にして下さいね ^ ^


            番外編 22 へ つづく
                      




profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。



ホームページはこちら DIVINE CAFE




[PR]
by divcaf | 2015-01-27 14:33 | ソウルメイト