日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ソウルメイトと出会ってから 《 番外編 17 》



今回のソウルメイト記事は...

自分の素直な気持ちを信じる

をテーマに書きたいと思います。




元彼と別れた後に自分が独身だった頃、
私は外出先で行き交う見ず知らずの
カップルを見てはいろいろなことを考えて
いました...


おしゃれやふるまいにそんなに
気を遣っている様子じゃない女の子
( あくまでも私の主観ですが )
の隣に 』らしき存在を見つけると...

「いったいどうしてあの女の子に
 彼がいるの?!」
 ( 裏の声 ; あの女の子に彼がいて
  どうして私にはいないの~?!)

と世の中の男性の見る目を疑ってみたり。



仲良しそうだなぁという2人を見つけると...

「いいなぁ... どうしたらあんな感じに
 なれるんだろう。でもいいもん!
 あの男の人は私の好みじゃないしね。」

ものすごーくうらやましい反面、自分に
彼がいない正当(?)な理由を後ろにくっつ
けてみたり。



けんかしているような雰囲気の2人を
見つけると...

「けんかもしないとお互いのことは深く
 わからないけど、疲れちゃうよね。

 私には彼がいないから気楽なもんだ
 いたらいたで悩みは尽きないし。」

1人でいることがどれほど気苦労がなくて
平和かという事実を自分に諭してみたり。



はたまた、華々しく結婚した芸能人が
あっという間に離婚した!

な~んてことをニュースで見ると
ちょっとだけ安心してみたり。



...当時のそんな自分の気持ちを


揺れ動く複雑な乙女心


なんて美しく片づけてみたいものです


まぁ、こんな感じであれやこれやと
考え続けていたものの...
私の人生に新しい彼が登場する予兆は
ありませんでした。


でもやはり
隣に立ってくれる『 』がいてほしい!

それが素直な気持ちでした。




で、スピリチュアル本などをたくさん
読んで自分自身を冷静に見つめ直した結果、
私はあることに気がつきました。


それまでの私は、彼になる人とは


周囲の人々から見て素敵だと
  思われるカップル
( あまり深い意味ではなく、やや薄っぺら
感じです )


になりたかったのだと!



自分の内側からにじみ出る価値観を
基準にするのではなく、

外側が決めたような基準や形式
( ある程度の容姿、ある程度の持ち物、
ある程度の家族構成、ある程度の収入、
ある程度の勤務先... )
を無意識に優先していました。


事実、私がこういった波長を出していたので


宇宙の絶対法則である
    引き寄せの法則 が働きます。


はい。

元彼も明らかに私と同じ波長の男性だった
のです()


 適度におしゃれな服を着て、
 適度におしゃれな車に乗り、
 適度におしゃれな場所へ行く。


そう、こんな感じでいることで
いつも周囲の人々から見て素敵なカップル
だと思われたい。
2人が幸せな気持ちを維持できるのは
周囲の目を裏切っていないから。
( 実際にそう見えていたかは別として... )
ただし、この感覚がいけないのではありません。


今の私にとってはどちらでもいいことを
当時は必死がんばっていたものです。

必死 必ず死ぬ と書くので疲れるに決まっ
ていました...



ですが過去の記事に書いたように

元彼との波長がだんだんズレていくように
なりました私と元彼の目指していたものや
価値観が変わってきたのです。


私の方が生身の現実を直視し始めたからです。


結婚は「 ままごと 」ではありません。

シンデレラタイムは終わり
」の自分と「 」の相手の真剣に
向き合う時間が始まります。
継続するには上辺だけのつき合いではなく、
地に足をつけるような生き方が大切に
なってきます。

お互いの性格、考え方、家族、仕事、お金...
すべてのことが生々しくリアルに
関わってきます。
好きな人とずっと一緒にいられる反面、
面倒に感じてしまいそうなこともやって
くるでしょう。



私はせっかくのこの気づきをふまえ
意識の波長を変えることに決めました。


心から相手のそばにいたくて成立する
  カップル
 ( 自分の素直な気持ちを信じて行き着いた
のような感じです )


になる



外側が決めたような基準や形式
( ある程度の容姿、ある程度の持ち物、
ある程度の家族構成、ある程度の収入、
ある程度の勤務先... )
も重要な要素だと思います。

それが間違っているとは思いません。
お金や物は大切ですから ^ ^

でも、その基準や形式から外れてきたとき
最終的に残って試されるのは


お互いを思いやる気持ちのみ


その基準や形式に最初から縛られてしまう
と制限や限界を感じる可能性があります。




よーし!
自分の内側からにじみ出る価値観を
基準にしよう


私はノートを用意しました
( 新月のおまじない用と同じもの )
ノートに理想の男性像をピンク色のペンで
60個以上書き出したのです。

60個っ?!と聞いて驚かれるかもしれません。
( たしかに最後の方は
しぼり出して書くような感じになりました... )


ノートには容姿やお金の希望も書きました。

でもここに書いたものは私が心から素直に
感じた希望です。

外側が決めたような基準や形式は軽~く
後回しにしました。
( 最終的には ごみをポイ捨てしない人 など
書いていました )

それでいいのです。
私の希望は私だけのかけがえのないものです。




そして
そのノートを書いてから2ヶ月後
お友達だった男性が付き合う (未来のだんな様)
変わり、
その5ヶ月後にイヴァルナから鑑定結果が
届いたのでした。



彼は見事に
JIS表示(?)のない規格外となりました!


下記の項目は私の勝手で書きますので
ごめんなさい

  ↓↓↓

・ある程度の容姿
   ↓
私の好みはスラーッとした人だったから
痩せれば好みのタイプに変わるかも...
と思いました



・ある程度の持ち物
   
ランクとして彼の車は私の車より下のもの



・ある程度の家族構成
   
ここでは書けないくらい破天荒な彼の家族



・ある程度の収入、ある程度の勤務先
   
定職には就いていたものの、よく生活して
きたねと励ましたくなるくらいの不安定さ



でもでもでも!


最終的に現在、彼は60個の私の希望項目の
うちの 57項目 を満たしたのです!!


すごーい




昔の私は、結婚するなら両家顔合わせとか
最低限の結納をするのが普通でしょうと考えて
いました。


ですが彼は規格外。


・両家顔合わせ なし

・結納 なし


幸い彼は私の両親にはきちんと挨拶に来て
くれました。
( 私は駆け落ち体質(?)ではないので
せめてこれがなかったら結婚する気持ちに
ならなかったでしょう ^ ^ )



結婚式で初めて、
私と私の両親は彼の家族と会ったのです。
よくぞ親は反対せずに許してくれました()


おまけに母親は言いました。

ボランティアに行く気で嫁ぎなさい。
 食べることが大変だったらお母さん達も
 協力するから 」




こんな規格外状況からスタートした結婚だった
からこそ、2人で1つの方向に目を向けられた
のだと思います。
すべてを自分達で決めなくてはいけなかったので...


おかげさまで彼との生活はちょっと大変だけど
おもしろくて、とても楽しいです。


それに彼は結婚1年目に1年間かけて15kg
痩せました! ( 私がいじめたかのような... )
不思議なことに私の希望の容姿に近づいたの
です~

今の彼はセミ・アンパンマンです。


2人で仕事もがんばって
あり得ないご褒美のような形で快適な新居に
引っ越すことできました。

多忙な町内会の行事 ( やってますよ~ ) も、
長老の皆さんとさっぱりわけがわからない
ままスタートしましたが2人で励まし合い
ながらこなしています。




当時の彼は表面的には規格外(?)でかっこわるく
ても、初めて出会ったときからどの男性よりも
優しかったしどんなに大変な状況でも愚痴も
まったく言わなかったし


外食するとあんまりお金もないのに


ayaちゃんはもっと食え


と、ガハハと笑いながらおごってくれました。




どんな結婚をしたいかは人それぞれ

結婚してから本当にそう感じます。



でもこれだけは言えます。
最初から2人がうまくいく完璧なマニュアルは
ありません。
2人が協力してマニュアルを作ることこそが
結婚なのだと私は思います。


そのためには



自分の素直な気持ちを信じる



これこそが一番に支えてくれるものだと
わかりました。

私はそう意識を変えてから、少しずつ良い
方向に変わっていくことができました。

自分を信じて、そして出会った男性に
マニュアル作りを共感してもらえそうだなぁ
と感じたら...


勇気を出して先へ進んで下さいね。


形あるものを得ることを目指すのではなく
形を創ることを楽しむことを大切にして
下さい。その可能性は無限です。


また何かの参考になさって下さい ^ ^

            
            番外編 18 つづく




profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。

ホームページはこちら DIVINE CAFE



[PR]
by divcaf | 2014-02-17 14:42 | ソウルメイト