日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ソウルメイトと出会ってから 《 番外編 11 》



今回はソウルメイトとお金の話を
書こうと思います ^ ^


『 お金 』

お金のことかぁ、なんだかちょっと下世話な
感じがするじゃない?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。



私は20代の終わり頃の独身のとき、
世間一般の正社員と呼ばれる方ほどのお給料が
いただける仕事には就いていませんでした。

当時はありがたく実家で暮らしていましたし、
質素倹約的な生活もさほど大変とは感じて
いなかったのでそれなりに楽しく生活して
いました ♪

ただ、そういった自分ののんきな経済状況が
将来の結婚相手を選ぶときに様々な葛藤を
生むことを感じました...


※ ここからはあくまでも私の感覚なので
  ご了承下さい。

 経済的にあまり自信がない自分
    ↓
 でも結婚はしたい
    ↓
 結婚生活が経済的に困るのは避けたい
 のでお金の面でできるだけしっかり安定
 した相手を選ばなきゃ!
    

このような『 確固たる思い 』
( 全然かっこいい思いじゃありませんが (汗) )
が湧いていました!

元彼に対しても目線の基本は同じだったと
思います。


恋をした当初は

「 彼だけいればいい 」

な~んて愛は盲目のような発想をしていました。

でも、交際期間が進み結婚を意識し出すと
この『 確固たる思い 』
ふつふつとにじみ出てくるように...


私は
相手の経済状況や家族構成や乗っている車などに
注意を向ける自分に少しずつ陥っていきました。

盲目でなんていられない!!



恋愛後半はもうそんな気持ちでした ( 必死 )



元彼と婚約をし、これからの2人の結婚生活に
かかってくるもろもろのお金についての話に
なったある日のことです。

彼は私にこのように言いました。


「 そんなこと ( お金のこと ) は結婚して
  生活が始まってから考えればいいじゃない。
  結婚前にそんな話をするのってなんか
  焦ってて所帯染みてる感じがするから、
  どうかと思うよ。 」


え?? 『 そんなこと 』??
結婚前のお金の話し合いって重要なこと
じゃないの??

正直私はこう思いました。
でも経済的自立ができていない私は自分に
自信がなかったので「お金お金」と彼に
話す自分がすごく卑しい人間に思えてきました...
( 今思えば婚約する前に
お金の話をしなくてはいけなかったのに。
のんき過ぎたなぁ...トホホ )


一緒になったら会社員の彼の収入が生活の
メインになることは間違いなく、
そう言われてから何となく立場が弱い
( と感じていた ) 私はお金の話をすることが
できませんでした。

それに元彼は結婚式はこうしたいああしたいと
様々な理想を言う方でした ( 花嫁となる私より
もたくさん要望を持っておりました )

の割に

その資金を自分の貯金からではなく
まったく遠慮な〜く両家の親の援助をあてに
する姿も見えてきて...

私の中では「この人と結婚して大丈夫かなぁ?」
とは思い始めていました。


でもでもでも
当時の私は結婚したくてたまらなかった!
ので自分の中の「あれれ??」のサインに
目を向ける勇気が持てませんでした。
今となっては
ここの意識こそがすごく問題あり!
だったと思っています。


このようなことや元彼の家族のことなど
( 過去の記事参照 ) 結婚前にいろいろな悩みを
抱えていたので上手くいくはずはありません。

毎度のblogのパターンですが、元彼とは破談に
なりました。





では、だんな様とのお金の話はどうだったの
でしょう。

だんな様とお付き合いしていたときも私の経済状況
は元彼とお付き合いしていた頃からほとんど変化
していませんでした。

そこをあまりがんばろうとしない自分の生き方も
どうなんだろ...と思っていましたが、それなりに
楽しく生活できていたのでのんきなままだったの
でした (汗)


そののんきな私が真っ先に描いていた結婚後の夢は


『自分達のお城を持つ☆』


ことでした。


実家住まいでしたが、唯一の私の取り柄は家事が
大好きだったこと。
掃除、洗濯は特に好きでたまらなかったので
実家の部屋のすべての掃除をほぼ毎日していました。

経済的自立がしっかりできていなかったので
そこを補う意味でも専業主婦になるとまでは
いきませんが、
好きなインテリア雑貨や家具を飾り掃除を
たくさんしてピカピカの自分達のお城に
だんな様と楽しく元気に暮らしたい!という
考えははっきり持っていました。

自分達のお城を持って
そこを思う存分掃除ができたら
なんて幸せだろう ^ ^ と...
( この幸せ感は異様かもしれませんが )



ソウルメイトである彼とお付き合いを
始めたとき、
私はこの夢を意気揚々と伝えました。

そのとき...


「俺達がもしも結婚したらayaちゃんは
 生活のお金の管理を自分でしたい?」


彼が何気なく私に尋ねてきました。


「◯◯くん ( だんな様の名前 ) は私に結婚後の
 お金を任せてくれるの??

 だったら2人が元気に楽しく生活できるよう
 に管理をがんばるよ。 って言うか、
 結婚前にお金の話をしても男の人って不機嫌
 にはならないの??」


彼はちんぷんかんぷん (?) そうな顔をして
こう言いました。


結婚前にお金の話をしないでどうするの?
 一番大事なことじゃんか。

 ayaちゃんが家事を最低限がんばってくれる
 なら俺は外で仕事に集中できるしがんばれる
 からありがたいよ。

 お付き合いしている限りではayaちゃんは
 金銭感覚も俺と似てそうだし、まじめな子
 だと思うからお金の管理をお願いしたいと
 思った。」


私は軽くパニクり、あまりにありがたい言葉に
泣いてしまいました。
( 彼は 「なんで泣くの???」 と別の意味で
パニクっていました...(汗) )


元彼にも自分にはそういう夢があるから
2人の今後のために結婚前にお金の話をして
同じ方向を見てがんばりたい、
と言えたらよかったのかなぁと思いました 。

だけど私には相手の収入に依存心があったので、
元彼は特にずーんと重たく感じたのでしょう。
( 私の中ではあぐらをかくつもりはなく
お金は大切に扱おうとは思っていたのだけど... )



だんな様は元奥様と生活していたときに家事や
お金の管理のことで苦労していた経験がありました。

私と再婚を決めようとしたときに事前に家事や
お金に対する価値観をしっかり話し合えなければ
結婚はあきらめようと考えていたようです。


私はお金について結婚前に話し合いたい。
彼もお金について結婚前に話し合いたい。


お互い動機は違っていましたが、
そこはスムーズに一致したのでした。


ご縁ってなんかこう、うまくできているものです...


そして結婚した私達。

ひょんなことから私は趣味の延長で仕事をするよう
になります。
経済的に家族の支えになれる自分になれたことは
素直にうれしい出来事でした。
独身の頃よりも結婚してからお金を得ることを
楽しいと思える自分になれたことは幸せなこと
だなぁと思います。


ちなみにだんな様からは

「ayaちゃんが専業主婦っぽくあろうと
 働こうとどちらでもいいよ」

と言われました。

ただ
プラス一言


「ayaちゃんがどんなことをしても
 俺は構わないから、
 その分ストレスを溜めずに家の中で
 笑顔でいてくれることをお願いしたい 」



ソウルメイト ( ツインソウル ) との出会いは
日常のプレッシャーや
無意識の部分での能力の制限を外すことを促す、
ありがたい関係に発展するのかなぁと
生活をしていて感じるようになりました。



結婚して年月が経てば経つほど
私はあれほどこだわっていた

『 確固たる思い 』

が気にならなくなり、
愛は盲目的な意味ではなくて


彼がそばで元気でいてくれれば、それで十分


と自分自身の考えが変化していきました。
ありがたいです。



今、もしもお金のことで好きな人との決断に
迷いがある方。
ご縁の深い人とは時間はかかっても必ず良い
方向に進むと思います。

宇宙の無限の豊かさは
純粋な愛と確実にリンクしていくものだからです。


今回もまた何かの参考にして下さいね ^ ^


             番外編 12 へ つづく




profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。

ホームページはこちら DIVINE CAFE



[PR]
by divcaf | 2013-06-05 08:08 | ソウルメイト