日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ソウルメイトと出会ってから 《 番外編 10 》



だんな様と夕食をとりながらTVを見ていたら
auTVCMでイギリスのバンド、オアシスの
懐かしい曲が流れてきました



...So Sally can wait,
she knows its too late as we're walking on by...



かれこれ私は1◯年も前にこの曲が入った
アルバムを買っていました。


すると、だんな様がふとつぶやきました。
俺さ、オアシスって
  あんまり好きじゃないんだよね



ん??? このセリフを聞くの2回目だ!
と私は思いました。


実はかつて婚約していた元彼も私にこう
言ったのです。
僕さ、オアシスって
  あんまり好きじゃないんだよね と。



オアシスのメンバーの兄弟仲が良くなくても
曲調がややだる~いような感じでも、
私は結構好きなバンドですし
CMに使われるくらい有名なのだから
人気があるのではないかと思います。
( のではないか、どころの話ではないでしょう! )


それがまさか好きになった人に連続で


あんまり好きじゃないんだよね


と言われてしまうとは......()




このとき、2006年にイヴァルナKeikoさん
通して伝えてくれた


IVARNAだけが知っているソウルメイトに
  出会う方法


の文書に書かれた「アニマの投影」という言葉を
思い出しました。


アニマの投影...??
( アニマル浜◯さんとかじゃないですよ )


簡単に言うと
本命のパートナー ( アニマ )
     とても近いソウルメイトもどき!

のことを表します ^ ^



自分のこだわりポイントを12個クリアして
しまう人に出会うと、その人がすべての理想を
満たしている男性だと勘違いしてしまうのです。

彼の本当の姿はもはや目に入りません。
「アニマ( 本命の人 ) 」という仮面
かぶった相手しか見えなくなってしまうのです。

この場合、相手が「そこそこ」理想像に近い
男性であるというところがミソ。
まったくカスらない相手なら、そもそもアニマ
の投影など行われないからです。

けれど、相手は所詮本物のソウルメイトでは
ありませんから、
最終的にはその愛が報われることはありません。
不幸な哀しい結末が最初から見えているような
もの...

こんな苦い経験12度であれば問題はありません。
それも美しい思い出になるでしょう。
そこから何かを学ぶことができれば、
本物の恋にめぐり逢う日がむしろ近づくはずです。


IVARNAだけが知っている
      ソウルメイトに出会う方法 より



だんな様と結婚してもうすぐ7年。
元彼のことなどとうに未練はないのですが...


ポイントで似てるとこ、あるのです!


私が自分の理想像を元彼に投影しまくっていた
のでしょうね。
異性に求める「 いいなぁ~♡ 」という条件的な
ところを。

今回のオアシスのことは私とだんな様の好みが
違うというだけで問題はありませんが、
同じセリフを言われたときにはビビりました()



元彼は女性にモテる感じの方でした。
私が書くこのソウルメイトシリーズでは
「なんてひどい人なんだ」なんて
一見思われそうですが...

日本人にはちょっと少なめ?な
レディファースト的な方だったのです。


例えば

・買い物した荷物をスッと黙って持ってくれる
 恩着せがましくないスッとした感じが素敵でした

・エスカレーターに乗るときは
 「昇り」なら私を先に乗せて自分は後に
 「下り」なら自分が先に乗って私が後に
 乗るよう促してくれる

・車や建物のドアは必ず開けてくれる
 こんなこと周りの男性は当然のようにやって
 くれます、という方は風のささやきぐらいに
 思って下さい ^ ^


そこまで気の効いた男性に巡り会ったことの
なかった私にとっては...
まるで異国の 王子様 のように思えました。
うれしくて舞い上がってしまったのです。


ですがイヴァルナのこのお話や
私が書いたこれまでのblog記事をふまえての
とおり、彼は「も・ど・き」

私との関係は残念な結果になりました。




さぁ、だんな様。 挽回の番です!

出会った当初は容姿もアンパンマンみたい
だったし金銭的にさほど恵まれている様子
でもなかったのですが
( ちっとも挽回してないような )

・買い物した荷物をスッと黙って持ってくれる
 恩着せがましくないスッとした感が素敵です

・エスカレーターに乗るときは
 「昇り」なら私を先に乗せて自分は後に
 「下り」なら自分が先に乗って私が後に
 乗るよう促してくれる

・建物のドアはほとんど開けてくれる
 車まではやってくれません

・満員電車に一緒に乗ったときには私に他の人が
 ぶつからないよう盾のように?壁のように?
 なってくれる
 こんなこと周りの男性は当然のようにやって
 くれます、という方は小鳥のざわめきぐらいに
 思って下さい ^ ^



そうなんです!

だんな様も日本人にはちょっと少なめ?な
レディファースト的な方だったのです!!


また、荷物をスッと持つときの
手の感じとか運び方まで
元彼とうりふたつ!


結婚して生活するうちに、よく似てるなぁと
気づいてきました。

オアシスをすごく嫌いなのではないけれど、
あんまり好きじゃないというニュアンスも
うりふたつ




だんな様にもこれらの話をしたことがあります。
不思議だね~!とすごく驚いていました。



私は「ソウルメイトもどき」で
ジェットコースターに乗る気分を味わいましたが、
だんな様とはまるで
メリーゴーランドに乗っている気分。


正直「もどき」を飛ばしていきなり


大アニマ ( 大本命 )


と出会えたらどれだけ楽ちんだったことか...
と思います。


でも、いきなりメリーゴーランドなのは
きっと平和過ぎて私には物足りなかったのかも
しれません。
メリーゴーランドの 良さやありがたみ
味わうためにも、まずはジェットコースターで
ぐるんぐるんする必要があると魂が選択した
のでしょう...()

独身の頃、恋愛というものは
ハラハラドキドキするもの と思い込んで
いた私は思いきり「もどき」で学ぶ必要が
あったのですねぇ ^ ^



「もどき」と「本命」の明らかな違いは


大きな安心感


です。


「ジェットコースター」と「メリーゴーランド」
乗り心地と同じです。


どの選択も経験も決して間違いではありません。
乗り物を選ぶときはあまり種類にこだわらず、
気になるものにはどんどん乗ってみるといいと
私は思います。

乗ってから乗り続けることも降りることも
選べると思いますから。
だから乗り物に乗る機会があればまずは
試してみてはいかがでしょう。

いきなり本命と出会えた方は
その人生がその方の魂の選択なのでしょうね ^ ^



では、だんな様にとっては元奥様は
「もどき」だったのでしょうか??

またゆっくり聞いてみたいと思います。



今回も何かの参考にして下さいね ^ ^


            番外編 11 つづく




profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。

ホームページはこちら DIVINE CAFE




[PR]
by divcaf | 2013-05-21 15:24 | ソウルメイト