日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ソウルメイトと出会ってから 《 番外編 9 》



ソウルメイトシリーズ。
怒濤の番外編 (どこが... ) が続いております。

このシリーズをいったいいつまで続けたら
いいのかなぁ?
少~し考えたりしますが
私達夫婦での生活が日々続いている以上
おかげさまで話題は尽きません。

ありがたいことです。


ということで本日は 番外編 9 回目 をお届け
します ^ ^


---------------------------------------------------------------


私達は物理次元というこの地球に住んで生活を
しているため

男性という肉体 または 女性という肉体

のどちらかを選んで生活しています。

違う次元に住む天使などはちょっと様子が
違いますが


ひとつの体に両性を持つ生物もいますが、
人間や動物の肉体は基本的にこの2種類でしょう。
( 私は科学者ではないので詳しい部分は脇に
置いておきます )


でも

私達の意識の上での性は
肉体のようにはっきり分離した境界線が
ありません。


それが 男性性、女性性 と言われるところに
なります。


男性性 太陽 能動的
女性性 月= 受動的


このような陰陽の関係の意識です。


私が今世で自分が決めた肉体は女性ですが、
私の中には男性性と女性性の両方の意識が
存在しています。

その存在割合のうち、通常自分が慣れている
パーセンテージで

自分は女性です

という意識を決めているのかなぁ?と思います。
( 正直、仕組みはちんぷんかんぷん )
人間は本当に神秘の宝庫だと感じます。


私はソウルメイト ( ツインソウル ) である
だんな様と一緒に過ごしてわかった

これまでのお付き合いをした男性とは
明らかに感覚が異なる

という話を書いていますが

この

男性性、女性性

がその話に大きく関わるのだと
ここ1年ほどの間に気がつきました!



私の中に男性性女性性の両方の意識が
存在しているように、
だんな様にも男性性女性性の両方の意識が
存在しています。

なので会話をしていると2人とも意識が
男性っぽくなったり...
女性っぽくなったり...
刻々と変化します。

これは私達に限らずすべての人に起きている
現象だと思います。



ツインソウルはお互いの


意識の性の切り替え


に気がつくのが、一般的なカップル
( 一般的の定義は難しいけれど... )
よりもダントツに速い!!のでないかと
感じました。
フレッ◯光 ( はやぶさ ) みたいに ^ ^



ありがたいことに、
私はだんな様と過ごしていてほとんど
ストレスを感じたことがありません。

独身時代に実家にいたときの家族との生活
よりも居住年数が短い彼と過ごす方が
精神的にものすごく楽なのです

だからと言ってだんな様にまったく気を
遣わないとかそういったことではありません。
自分が気を遣う度合いさえ
ちょうどよく自分のままでいられるような... 
そんな感覚がします。


私が男性性っぽい発言や行動になると、
彼は瞬時に自分の行動を女性性っぽい発言や行動
に変化させます。
( オネエキャラとかではなくて... )
逆の状況も同じくお互いを瞬時に変化させます。


例えば、
私は肉体は女性であるけれど
意識の性が太陽になることを選ぶとき、

肉体が男性の彼は
意識の性として月を選びます。


不思議なのですが、そうすることが
自然にできてしまうのです。
どうにもこうにもにっちもさっちも()
無意識にバランスをとりたがる感じなのです。
そのバランスは調和を生み出すので
気持ちがとても楽です。



かつてお付き合いをした元彼とは
このバランスがよく崩れました。
今思うとそれがストレスの原因になっていた
ように思います。

例えば、
私が意識の性で太陽になることを選ぶとき、
元彼は意識の性として月を選ぶことは
ほとんどありませんでした!
なるべく太陽のままでいようとします。
( ほ~んと、なぜだろう... それが良いとか
悪いとかということではなくて )

物理次元には、太陽は2つ存在しません。
2つ存在すれば当然バランスは崩れていきます
よね...
私の発する意識の性を元彼が感じ取る能力は
フレッ◯光 ( はやぶさ )
ではありませんでした。 残念ながら。



私がこの仕事を選んだとき、
だんな様は自然に応援してくれました。

私の仕事のことが話の主(太陽)であるときは
だんな様は瞬時に月になります。
そして表立って介入してくることはありません。

それは犠牲でも辛抱でもなく、
そうすることがただ楽しいという感じみたいです。
私の話をゆっくりと聞いてくれたり簡単な
家事を手伝ってくれたりします。



だんな様の仕事のことが話の主(太陽)であるときは
私は瞬時に月になります。
そして表立って介入することはしませんが、
食事を通しての健康管理など陰ながら
できる精一杯ですが彼を手伝いたいと思います。

これも犠牲や辛抱ではなくて、
そうすることがただ楽しいという感じなのです。


生活のこまごまとした場面でも
ちゃちゃっと意識の性のスイッチを交換している
ので、良いチームワークだと思います。

無駄な作業が少ない エコチーム だと
思って下さい



と、今回もこーんなことを書くと



〜 なんて理想的な夫婦なんだろう 〜



と感心されるかもしれません。

でもソウルメイト ( ツインソウル ) の関係性の
場合は不思議でしかたがないのですが


無理なくそういう風にふるまえてしまうのです!


努力がまったく必要ないというのでもなくて
あれれ~??と自然に努力してしまうのです。
うむむ...「努力」という表現もちょっと違うの
かもしれません。


だったらなんか 病気かも ( ) ?!


パートナーと出会った方は自然と
その病気になってしまうはずです ^ ^


もちろんその根底にはパートナーへの思いやりの
気持ちが何より大切だと思います

事実、元彼と一緒になっていたらきっと私は
こういうふるまいはできなかったでしょうし...
だんな様なんてバツイチですから(苦笑)



けっしてここで書いた私達の関係がマニュアル
ではありませんが、
気になる異性と出会ったときは
この意識の性のスイッチを自然にスムーズに
交換しているかどうかも確認されてみては
いかがでしょう


また、何かの参考にして下さいね ^ ^


              番外編 10 つづく



profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。

ホームページはこちら DIVINE CAFE





[PR]
by divcaf | 2013-04-17 08:19 | ソウルメイト