日々の気づき 不思議な話             


by ayaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

師との不思議な出会い



私はここ数ヶ月間、師の元でスピリチュアル
について深く学びたくて勉強をしていました。
この期間は自分の体調の具合も含めて...
本当に不思議な時期でした。



今の新居の情報と出会う前、私は強烈!な
腰痛になりました。

横になっていないと痛くてしばらく大変
だったのです。
当時、仲良しのお友達のお家へおじゃまする
予定だったのですが、この状態ではさすがに
無理かなぁ...と思いましたが...


「わが家のソファーで涅槃像 ( 横になって
いる仏像 ) になってていいからおいで ^ ^ 」


とお友達に言われ ( 彼女のお家のソファーは
最高にふかふかなのです!) お言葉に甘えて
涅槃(笑)で過ごした記憶が思い出されます...
懐かしいっ


身体は頭で考えるよりも繊細に
私達に大切な情報を伝えてくれます。



その当時、師が私に


『変化の兆しだね 』


と言いました。


.........で、腰痛の後でなんと
理想の新居が来ました!!


まさに今回の身体の不調も私の変化の兆し
なのでは.... と感じました。



師からは先日
『ayakaさん、腹をくくりなさい (ニヤッ) 』
と、言われました(汗)





頭の理解ではありえない出来事が私の周りで
次々と起きてから


『真実を知りたい』


ものすごくそう思うようになりました。
とにかく知りたくて知りたくてたくさんの
スピリチュアル系の本を購入したり図書館から
借りて読んだり...


でも、ある時からぱったりとそういった本を
読まなくなりました。


師と出会ってからです。


師はこれまでのスピリチュアルな知識の
集大成を教えてくれた方でした。

「師、先生」という肩書きを抜きに正々堂々
と中立な目線で私に『真実』を伝えて下さい
ました。

どんな質問をしてもごまかすことは一切なく、
地に足をつけた内容でじっくり丁寧に。

それはスピリチュアルを何となくの逃げ道と
して扱うことはなく、いかにこの現実に
具体的に生かしていくかの知恵の宝庫でした。



師との初めての出会いは2010年の初春。

実はこの師との出会いを2009年2月、
私はある方に予言されていたのです!!

それはこのような内容でした...



『小さな小川が次第に大きな流れになって
 大海へ注ぎ込むように、
 今は幼稚で山に霧がかかっているように
 先が見えず力への不確かさを感じている
 ようだが、
 後には必ず知恵を授ける。

 立派な先生が
 蒙昧 ( =蒙昧無知=何も知らないこと )
 開いてくれるだろう。

 ayakaさんに力を与えてくれる方は自宅から
 南方に住んでいるか、南方にお店を出して
 いる女性です。

 修行という堅苦しいものではありませんが、
 自分を吐き出してアドバイスを貰えるような
 関係であり、なるべく交流を深めていくこと
 を薦めます。


 その女性と話をしているだけで、
 更にayakaさんの鑑定で使用する言葉の幅が
 広がっていき鑑定のご依頼も増えていくと
 思います。

 春から夏にかけての時期に出会えます。』




私がかつて『真実を知りたい』と自分の宇宙
に投げかけたから師を通して宇宙が愛を持って
応えてくれたのですね ^ ^


ご縁とは本当に本当に不思議なものです。


今、生きててよかったなぁと思います。
究極ですが...呼吸しているだけでも。




profile... ayaka

日本スピリチュアル透視協会認定チャネラー

エンジェルカードと過去世透視を使いながら
独自に感じたメッセージを日々楽しみながら
伝えている。

ホームページはこちら DIVINE CAFE





[PR]
by divcaf | 2012-02-07 00:01 | 不思議なスピリチュアル話